かだ裕之事務所

〒653-0842
神戸市長田区
水笠通4-1-1
TEL 078-631-3012
FAX 078-631-3039
E-mail:
kada@kada-net.jp
  ●   

2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

●アメリカ滞在記
(ILP)

里海創生セミナー
2007年12月25日(火)
豊かで美しい瀬戸内海をめざして国際エメックスセンター主催で里海創生セミナーが開催されました。瀬戸内海研究会議会長をつとめる松田治広島大名誉教授の講演。加田は議員連盟事務局次長として参加しました。
神楽公園クリスマスの集い
2007年12月23日(日)
神楽公園で行われた「Xmas感謝の集い」に参加しました。震災後、地域のこどもたちを励ますために始められたこのイベントも10周年を迎えました。ステージ、出店などの催しに、子供達も喜んで参加していました。

全第293回定例県議会開催
2007年11月26日〜12月21日
第293回定例県議会が開催されています。かだは決算特別委員会理事として、部別に行われる審査で5日間にわたり質問をいたしました。

>>詳しい会議録は県議会ホームページで

「大人が変わろう」全県決起大会
2007年11月28日(火)
「大人が変われば子供が変わるキャンペーン」を実施する兵庫県が、青少年の健全育成への大人の理解、大人のモラル向上を広くよびかけるための決起大会を開催。男女の出会いを支援する「こうのとり大使」の任命や、標語入賞者の表彰も行われました。ちなみに最優秀賞は「話そうよ ネットじゃなくて そばの友」。
自然公園ふれあい全国大会
2007年11月17日(土)
「自然公園ふれあい全国大会 瀬戸内海六甲地域」が開催されています。県公館での式典には常陸宮御夫妻が出席され、「みなさん一人一人が自然とふれあい、守り育てていかれることを期待してやみません」とごあいさつされた。
韓国の地方議員との懇談
2007年11月6日(火)
韓国の慶尚南道議員の表敬訪問を受け、日韓親善議員連盟の事務局次長として応対。記念品の交換や、意見交換などが行われた。
拉致問題地方議会全国協議会
2007年10月29日(月)
東京で行われた拉致問題地方議会全国協議会幹事会に兵庫県議会議員を代表して出席しました。横田夫妻、佐藤勝巳氏(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長)を迎え、今後の活動について議論が行われ、福田内閣総理大臣、高村外務大臣及び町村内閣官房長官あてに、北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決を強く求めた要望書を提出することになりました。    
こなもんまつり
2007年10月28日(日)
長田区の四大まつりのひとつ、第三回こなもんまつりが催されました。今年は新長田南地域の商店街が会場となり、大変なにぎわいを見せていました。写真は六間道商店街のステージでの「そばめし大食い選手権」の様子です。また、新長田駅前では「琉球祭」も行われました。

総務委員会管内調査
2007年10月23日〜25日
但馬・丹波地方へ視察に行ってまいりました。
・ 朝来市埋蔵文化センター
古墳時代の遺跡が数多くある朝来市の、歴史のロマンを直に感じることができる。すぐ隣には「道の駅まほろば」があり、土産物や食事を楽しむことができる。(写真上)


・県立コウノトリの郷公園
コウノトリの野生復帰事業とともに、自然観察や体験学習等の提供など、人と自然の共生できる環境の創造に向けてとりくんでいる。野生復帰直前のコウノトリと御対面!貴重な体験でした。(写真中上)

・兵庫県立陶芸美術館
2005年、やきものの丹波立杭にオープンした兵庫陶芸美術館では、館長のご案内で陶芸を活かしたまちづくりについて話しあいました。(写真中下)

・四季の森生涯学習センター
篠山市の生涯学習施設。昨年県会議員から篠山市長となった酒井市長と久しぶりの対面。全国で市町村合併第一号の篠山市のトップとしての苦労話も詳しく説明していただきました。(写真下)

その他防災関連施設、県民局、県民交流広場事業例などを視察いたしました。
神戸ビエンナーレ
2007年10月
メリケンパークで開催中(10/6〜11/25)の神戸ビエンナーレに行ってまいりました。神戸の芸術文化の振興、まちの活性化をねらった神戸では初めての試み。写真の様に、公園に並べられたコンテナの中身が展示会場です。ところ狭しと並んだ現代アートの数々、説明は難しいので一度ご覧になってみることをお勧めします。

↓公式ホームページ
ひょうご食育推進大会
2007年10月15日(月)
食で育む 元気なひょうごをテーマに、食育活動が家秩、学校、地域等あらゆる機会や場所で展開されるよう、県民や食育推進関係者が情報や意見を交換し、食育の気運を高めることを目的に、ひょうご食育推進大会が兵庫県民会館にて開催され、出席いたしました。写真は 食育の標語最優秀、優秀作品の知事賞の贈呈の模様です。
総務常任委員会の管外調査
2007年10月10日〜12日
青森県、北海道へ視察に行ってまいりました。
・ 国際芸術センター青森
「芸術と自然」をテーマにした国際性・地域特製のある優れた芸術文化の創作・発信の拠点。(写真上)


・青森県議会
ファシリティマネジメント(県有施設の総合的・戦略的な経営管理)推進事業について伺った。

・函館市地域交流まちづくりセンター
市民交流やNPOなど市民活動の支援などを通じ、地域のコミュニケーションやまちづくり活動をサポートする施設。

・札幌コンサートホール「キタラ」
音楽芸術の市民への積極的な提供と支援 等に取り組む札幌の音楽芸術の中核施設。(写真中)

・北海道県議会
行財政改革への取り組みについて伺った。(写真下)

・札幌市生涯学習総合センター「ちえりあ」
市民の生涯学習を推進する「生涯学習センター」、若者が集う「青少年センター」等からなる複合施設。
第292回定例会中
2007年9月29日〜10月9日
第292回定例県議会が開会されました。決算特別委員会が設置され、かだ裕之は理事に就任しました。

>>県議会のホームページを見る

長田区総合防災訓練
2007年9月15日(土)
長田区の総合防災訓練が蓮池小学校で行われました。大規模水害を想定した避難訓練を、新長田北地区防災福祉コミュニティが担当し、私もその一員として参加。
総務常任委員会の管内調査
2007年9月6日・7日
総務常任委員会の管内調査で東播磨・淡路地区を視察しました。
・ 司馬遼太郎の小説「菜の花の沖」でおなじみの高田屋嘉兵衛翁の生誕の地・五色町の洲本市立老人福祉センター「高田屋荘」で都志活性化協議会の皆さんと三世代交流や環境学習等、地域交流について意見交換。
・ 平成18年5月にオープンした加古川市の西神吉会館では県民交流広場についてその後の状況やふれあいの拠点としての役割を検証した。
・ 市町合併がすすんだ北播磨県民局では、管内のゴルフ税の滞納問題やこれからの県と市町との役割分担などについて議論された。
・ 三木総合防災公園内の防災科学研究所・兵庫耐震工学研究センターの実大三次元震動破壊実験施設(E−ディフェンス)では、実際の建物を人工震動で破壊し、その過程を調べデータ分析し建物の耐久性や安全性などの研究が行なわれている。
 
サンテレビ県議会レポートに出演
2007年8月26日
今期、総務委員会副委員長を務めておりますが、その模様がサンテレビ「県議会レポート」で放映されました。
西播磨地域へ視察
2007年7月31日・8月1日 
総務委員会の管内調査。上郡町にある西播磨広域防災拠点には、緊急用の物資が備蓄されており、7月の新潟中越沖地震ではここからも物資が配送された。その他宍粟市にある「山の学校」など視察。
県議会本会議で質問
2007年6月26日
第291回定例会の本会議一般質問で登壇し、環境、防災、NP0支援、公共事業、住宅、産業、食の安全など7項目について知事・県当局に質しました。
米国各都市のリーダー達と意見交換
2007年4月・5月
アメリカ政府の招待で「インターナショナル リーダーシップ プログラム」に参加しました。

詳しい報告はこちら

信頼へ“脱しがらみ”
2007年3月15日(木)
産経新聞朝刊の統一地方選特集記事で私の活動が紹介されました。

実際の記事はこちら

2007年元旦
2007年1月1日(月)
日付けが変わると同時に恒例である長田神社の「一番太鼓」を打ちました。
高取山頂で初日の出登山の皆さんに新年のごあいさつをする。もう10年連続の恒例となりました。
■ページの先頭に戻る■